名古屋医理科商会

名古屋医理科商会

仕事内容

Staffスタッフインタビュー

僕は今、この仕事と
真剣に向き合っている

担当エリア内の医療機関をルート営業でフォローする。

この仕事は、担当する病院に訪問して、何を求めているかといったニーズをきちんと的確に判断して、病院から必要とされるようになることが重要です。 そのために、日々担当している病院に顔を出し、多くの方々と接することにより、何か困った時にこの人に任せれば大丈夫だと言われるようになりたいと思っています。

医療では多種多様な機器を使うため、商品知識も必要となってきますが、会社内での勉強会や社内で相談したり、またメーカーと同行したりして身につけています。

The flow of the day一日の流れ

09:00 出社
ナゴヤドームに近い名古屋市千種区の本社に出勤。朝礼後、注文書や伝票の作成・整理など行う。
10:00 営業資料収集、配送センター
依頼された見積書の作成、商品カタログなどの資料揃え。今日納品予定の商品を配送センターで営業車に積み込んだ後、担当エリアの取引先へ出発。
11:00 取引先訪問
病院・看護学校など取引先への納品を中心に、事務部門へ見積もりを提出したり、ドクターに頼まれていたカタログ資料の受け渡しなど行う。
12:00 休憩
お昼の時間を移動に利用することも。ルートセールスだから、行きつけのお店で昼食をすませることもあります。
13:00 取引先訪問
取引先訪問 午前中にフォローできなかった取引先への納品を。病院内に滞在している間に、ドクターの他に検査、放射線、臨床部門のスタッフとも接触。
15:00 商談
外来診療などで午前中は忙しかったスタッフとは、夕方にかけての時間帯が商談タイムとなることが多い。そこでメーカーと同行して新商品を紹介することも。
18:00 帰社
注文書・伝票整理や、明日の納品準備。ドクターからの問い合わせに対して、資料を揃えたり、メーカーに問い合わせを行う。その後退社。

応募はこちら